今から動けばいまから変わる。imakara.blog

イマカラ

ゲーム

ライブアライブの攻略記事を更新中…。- SQUARE LIVEALIVE.

更新日:

Switchでリメイクという事で思い出し兼攻略記事を作成中です。

ライブアライブの攻略情報、Switchリメイクが発売され次第比較していきます。 – イマカラ (imakara.blog) 公式

といってもストーリー攻略とまとめ情報ぐらいしかありませんが。

全ストーリーのOP.ED、バトルをyoutubeにちょこちょこあげていますが、複数ストーリーだけあって結果的にひとつひとつはあっさりしているますが、とても濃厚に感じます、プレイのさせ方が上手な感じ。

楽しませてもらっています。

大人になってから見ると見方が変わるというストーリーもあり、なかなか今やっても思う所のある作品ですね。

せっかくなのでこの魅力的なストーリーやキャラクター達を紹介していきます。

幕末編:おぼろ丸

密命を受けて隠密活動する忍者、ストーリーとは関係ありませんが全員〇すか、人間は誰も斬らずに任務を達成するか、という要素が面白い隠れて敵をやり過ごしたり出来るシナリオです。

もうね、とにかくカラクリ丸という仲間にするのも大変で、維持するのも大変なキャラクターがいるのですが、とにかく脆すぎる。

仲間にした瞬間一つ前に進むと落とし穴に落ちて壊れ、
ショートカットの為屋根裏で移動してたら壊れ、
普通に戦っててもいつか壊れます。

リメイクでは落下モーションや隠れ蓑での2D的な隠れ方をどう表現するのか注目。

功夫編:心山拳老師

リメイクはこのシナリオが一番楽しみ。

力で対抗してもダメじゃ!→自分が力でねじ伏せる→弟子やられる

しかしせっかく弟子にとった子達がお気に入り以外全滅してしまうという鬱展開ですが、普段温厚な老師が怒る姿や、自身の命を削って奥義を伝承しようとする姿は感動もの、BGMは控えめに言って最高です。

一人で全方向から殴りかかる旋牙連山拳、伝授シーンも使用シーンも感動的。

SF編:キューブ

もうね、いちいちストーリーが怖いんですよ。

まず宇宙にいて、生身で外に投げ出されそうになるし。

エイリアン輸送中とか絶対逃げて捕食されるやん… → されるし。

宇宙船のコンピューター暴走するし、自分の偽物が自分のふりしようとするし。
カタカナで書かれているだけでなんであんな怖いのか。

キャプテン・スクウェアというバトルミニゲームが結構難易度高めで面白い。

現代編:高原 日勝

あびせげりと通打ゲー。森部ゲー。

色々な技を繰り出してくる相手の攻撃を受けながら習得しながらより強いやつを倒していくシナリオ。
…だが、森部じいさんの「あびせげり」と「通打」が強すぎて、本シナリオのボスもあびせげりを浴びせ続ければ倒せてしまう程。

スモウレスラーの腕を壊し続けて近距離でウロウロしていると使ってくる、覚えるのが大変な「大激怒岩バン割り」という大技があるが、待機時間や効果範囲の事を考えると使え…ない。

リメイクでは威力を調整してくれていると面白そうだ。

西部編:サンダウン

サンダウン・キッド、大群で押し寄せる敵を二人で倒す為、罠を仕掛けて敵を減らそうというシナリオですね。キッドがカッコイイんですよ、また。

特定の人(子供・強気な女)にしか仕掛けられない罠があったり、先に穴をスコップで掘っておかないと馬糞攻撃が上手くきまらなかったり制限時間があったりと大変そうですが、実際は普通に全ての部屋を見て回っても余裕のある難易度の低いシナリオです。

大塚明夫さんがCVとか最高ですよ、本当。
まぁ、あんま喋らないけどね。

原始編:ポゴ

ホネやケガワを集めて装備を作ったり、匂いを嗅いで敵を探したり、シンプルなやり込み要素でがっつりハマりました。

ズドゲラデインドデゲスデンを覚えるまで狩りまくったのはいい思い出。

ゴリというキャラが本当に面白くて、メインの攻撃手段がう〇ことオナラというヤバいゴリラなのですが、正面を向いてオナラ攻撃をするとひっくり返ってヘイトの高まる表情でオナラをするのですが、その時股間にモザイクがはいっていて、これがまたウケます。イケメンキャラである「ざき」も攻撃する時股間に巻いてあるトカゲみたいなのが攻撃するので、股間がフリーになってしまいモザイクがかかります。

ゴリとポゴのやりとりだけでもやる価値アリ。

なんとCVシンジ君。
「あ……あいぃ~~!!」は言葉の中に意味をこれでもかとぶち込むタイプの咆哮になりそうですね。

近未来編:アキラ

無法松というキャラがアツく、強く、冷静です。
主人公こっちなんじゃないかってぐらいカッコいいアニキです。

でもおじいちゃんにたい焼き1万円で売りつける鬼です。

生物を液体にして注入するとかいう恐ろしい発想で死にかけの亀をロボットに思考ごと移したり、それを人間に適用しようとしている団体が陸軍だったりとちょっぴりSFチック、これをSFにもってこなかったのは現実になりそうだからか…?

アキラも無法松も泣かせにきます。

中世編:オルステッド

オルステッドを魔王にする為、地獄しかないシナリオです。

若い頃からの親友が実は自分を妬ましく思っていて恨まれていた。
人を憎んではいけないと教えてくれた僧侶が自分のせいで拷問される。
魔王討伐にいった人が死に、悲しみの淵でなぜか魔王扱いで迫害。
本当の魔王を倒そうと思い魔王城にいったらひょっこり死んだはずの親友。
倒したら誰よりもあなたを信じると言った姫が親友とデキてて信じてもらえない。

まだまだあります、悲しすぎる。

あの世で俺に詫び続けろオルステッドー!と死んだはずの親友はオルステッドに言いますが、結局最終章では亡霊となって「あいつがこんなになったのは俺のせい…」

と、逆にあの世でも無い所で詫び続けるハメになっているのでスッキリ制裁済。

そして最終編へ。

いや~これがリメイクされるってのは本当に楽しみ。
今後はタクティクスオウガやFFT系が良いんだけども、初期化する育成系じゃないとインフレしてつまらなくなるし、蓄積していくと新規参入しづらくなるし、ゲームバランスが鬼っぽいので無理かなぁ…。

ではでは。

-ゲーム
-

Copyright© イマカラ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.