今から動けばいまから変わる。imakara.blog

イマカラ

デバイス

Acer TravelMateSpin B1を分解だ。[B118-G2-RN]

更新日:

最近パソコンバラしてばっかりの分解野郎です、どうもこんにちは。

楽しいな~。

Travel Mate

強くね、うん、強靭な感じね。

逞しく…う、うん…?

優しく??

うん、まぁそう、Acerならね。

こんなことも出来ちゃう。

やんないけど。

スペックはこんな感じ。

CPU Celeron N4100(1.1-2.4GHz) 4core4T

メモリ 内蔵4GB

ストレージ M.2 128GB(B&Mの中速SSD、中途半端)

この頃のCPUの性能向上はまだウダウダしていた頃なので、
後追い廉価のセレロンはまだ微妙。

今のCeleronG6900とかシングルコアの性能前々世代のi9-10900並だし
2015年のi7(6500U)より性能高いし、条件反射で否定するものでもなくなってきていますね。

さぁ、バラしていきましょう。

黄色がちょっと長くてゆるみ止めが塗ってあるネジ。

赤いのが短いネジです。

さらに

SSDは「HFS128G39TND-N210A」

読込最大1,500 MB/s 書込400 MB/s 、うん、中速SSD。

先にこちらも外しておきましょう。

全て外したら赤い枠の所を持って、優しくぷらぷら引っ張ってみましょう。

パカッ

っと急に外れるハズです。

メモリは内蔵なのでびっくりするぐらい説明する場所無いな…。

赤丸がWiFi(Bluetoothも)

黄色丸がCPUのヒートシンクです。

興味本位で外したらそうだったのでグリスを塗り直すハメに…。

バッテリー。

15.2Vの3090mAh。

ついでにバッテリーを避けた所。

キーボード用のピンが見えるぐらい…?

・・

・・・

はい、という事で拡張性が低いので私的にはちょっと残念ボディです。

HDDを入れるスペースも余剰ストレージとしても活用出来ないし、

メモリ増設も不可能で、

CPUはウダウダ世代のセレロン、

WiFi6にしたとてハードスペックで限界あるし、

DVDディスクの読み込みは出来ず、

HDMI接続は可能だけどUHD Graphics 600でデュアルディスプレイは謎だし、

名前の通り「Travel Mate」(旅の仲間)という事か。

スペックにこだわりすぎてもいかんのかのう。

ではでは。

-デバイス
-

Copyright© イマカラ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.