今から動けばいまから変わる。imakara.blog

イマカラ

独り言

【EzureFarm】甘さ際立つ大ぶり苺、とちあいか。 – Tochiaika

投稿日:

【Ezure Farm】えづれ農園さん 、通称KTAG氏の苺です。

以前より記事にされていて、販売されたので購入しました。と、そんなお話。

とちあいか

栃木のブランド苺の一つ。

栃木のメジャーブランド「とちおとめ」ではなく「とちあいか」

とちあいかは2018年に開発された栃木のオリジナル品種で、
木で作られた皆様にされる実で栃愛果(とちあいか)と一般公募で命名されたようです。真っ赤で可愛らしく愛らしい「いちご」にぴったりの名称ですね。

カットするとハート型に見える程に肩が盛り上がっているようです。

ぷっくり実った苺達

開封した時点で果実の甘い香りが漂い、家族全員集まってきます。

イザ実食!

甘ァッッ!!!

開封時は「香り」の良さに感動し、一口目で「糖度」に感動。

苺特有の酸味は当然ありますが、甘さが勝ちます。

食感が良く、ハリがあり艶やか。そのまま食べても当然美味しいのですが、
生クリームやチョコクリームとの相性も良さそう。

収穫期間も緩やからしいので農家にも優しい、ポテンシャルの高い品種ですね。
明日親族で集まるクリスマス会で私はケーキ担当なので、使ってみます。

普段ならヘタは農薬を気にするので「さよなら」ですが、今回のKTAGさんのイチゴ。

苺自体には農薬が使われていません。

ので、別にそのまま食べられそうです、栄養価も高いようだし。

今回のはこの前買ったハンドブレンダーで粉々にして練り物や下味で使おうかな。
スムージーとか作らないし今後もヘタは出るから料理で使いたいな、カレーも良さそう。

箱は「とちおとめ」(笑)、「とちあいか」がんばれ~!

ではでは。

独り言

見栄えが悪いだけで製品化出来ない苺ってありますよね。
「とちあいか」のような酸味を抑えず甘さを追究したようなタイプは、むしろこの方が栄養価も高く、酸味も際立って美味しいと感じる場面もあると思うんです、ジャムはまぁ別として生クリームとスポンジに全勢力をかけるショートケーキの中に入れるなら、本当はこっちの方が相性は良いような気がする。

見た目があるので「それで売れるのか」と言うとまた違うんでしょうね。

苺が「出来るまで」を記事にされているので、興味を持った方は是非。

-独り言
-

Copyright© イマカラ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.