今から動けばいまから変わる。imakara.blog

イマカラ

情報

冬タイヤをしまいたい、安くて良いカバーは無いかな?

更新日:

特別な知識を持っていないモノを探すときほど「同程度の機能があれば良い」とか思っちゃうものです。

使う方が違うので当然ですが
プロフェショナル用の物は毎日使用するから肉抜きが少なかったり、ホコリが溜まらないような構造になっていて、強力だったりします。
アマチュア用の物は1か月に1回、もしくは週に1度2度しか使わない為、軽量化されていたり、放っておいても大丈夫な作りだったり、ある程度力が抑えられたりしています。

さて、そんな観点で検討する今回のタイヤカバーですが、どうやら安いやつ程薄く、劣化し切れるようですが素人は見ても分かりません。長期的に使ってみないとわからないというのは難しいポイントですね。
今回の私の使用シーンはベランダに冬タイヤもしくは夏タイヤを交換しながら保管。ですので検討内容のキモは

  • カバーの厚みが薄すぎない
  • 長期間販売されている
  • 水が入らない

で、一番腑に落ちたやつを買えば良い、という訳で選んだのがこの…

LIBZAKI タイヤカバー 210D 厚手 収納カバー 幅65×高さ90 雨よけカバー S(シルバー)【2020改良】

LIBZAKIさんのタイヤカバー、深センのカバー類メインで開発してる業者さんですね。

透明の袋に入って到着

自分の思うベストの自分になれ!という事でしょうか、「自分になる」という不思議なキャッチフレーズ。

この袋も結構しっかりしてますが、常にタイヤにかぶせておくので入れ物は要らなかったかな?

ガバっとな
Sサイズですが、165/65R15×4で少し余分がある感じ、中に織り込めば丁度良いですね。

最後はキュっと締めて終了。
12月ぐらいに交換するまでおやすみ~。

LIBZAKIさんの製品は楽天でも販売していますが、Amazonの方が安いです。

タイヤが野ざらしになってる人はそう居ないと思いますが、2,000円程度の支出でタイヤの防汚が出来るますので、今から用意しては如何でしょうか。

-情報
-

Copyright© イマカラ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.