今から動けばいまから変わる。imakara.blog

イマカラ

独り言

【第四部】ジョジョの奇妙な冒険、個人的に印象に残った・好きなシーン集

投稿日:

第四部 ダイヤモンドは砕けない

なんだかんだもう四部。
今回のジョジョは東方仗助(ひがしがたじょうすけ)。
ウダラ先輩グループに命名されるが今後呼ばれる事はない、仗(じょう)助(じょ)。

29巻20ページ2コマ目

ウダラ先輩

29巻17ページ目3,4コマ目

ウダラ何ニヤついてんがァーーッ!
文字に起こすの難しすぎるだろ…笑

ンまあーいっ!

31巻21ページ6コマ「ンまあーいっ!」
31巻33ページ1コマ「ゥンまああ~いっ」
31巻55ページ2コマ目「ンまあ~いっ!!」
31巻85ページ2コマ目「ンまあ~い」

露伴の漫画のリアリティを追究するあまり「味もみておこう」と蜘蛛を舐めるシーンもクるものがあるが、衝撃的過ぎるので載せるのはやめておこう。

康一の精神力の強さが象徴されたシーン。

38巻46ページ3コマ目

4部の始まりは康一くんの語り「まー…おぼえてもらう必要はないですけど」から始まりますが、次の部まで食い込む主人公よりも主要人物ぶり。

「いくぞッ!!ジャァァーンケン」

40巻85ページ2コマ目

いつのまにか空中戦になるジャンケン勝負。
負けるとスタンドを奪われるので必死です、というかチートすぎます。

露伴をイカサマで陥れようとする主人公

41巻35ページ1コマ目

ここで仗助は「ひどいやつ」というイメージが付きましたが、特に4部の最後までこのイメージを反転させるイベントは起きなかったので荒木先生から見ても仗助はただのやばいやつだったようです。

伝説の1ページ「だが断る」

41巻136ページ

自分で強いと思ってるやつに「NO」と断ってやること…。
恰好良すぎるだろう、精神力の強さが英雄譚レベル。

露伴の好奇心で命を落とす一般人、乙雅三。

「この設計士被害者だッ!」(主に露伴の好奇心による攻撃)

強制的にスタンド使いにされるし、自分で操作出来ないし、そもそも見えてないし、自分の死によって発動する種類のスタンドという…なんとかわいそうな。

44巻 115ページ 1コマ目で背中を見られる乙雅三。

「終わりだよ…わたしは もう…終わったんだ…」

4部の主要キャラ全てを守護った川尻隼人

46巻35ページ2コマ目

彼がいなかったら4部完ッ!だったかもしれない。

いいや!「限界」だッ!押すねッ!
 

46巻134ページ2コマ目

この後え?え?次号大丈夫だよね?ってモヤモヤした覚えがあります。
単行本で読む派だったし塾長が最新刊買ってくれるまで待ったしすごい長く感じたなぁ。

第四部の主人公仗助は今までのジョジョ達と比べてダメなヤツ要素が多めですが、どこか憎めないんですよね。
仗助含め重ちーとかエステシンデレラとか鉄塔の男とか魅力的なキャラクターが続々。
第四部は出てくるキャラ達の色が濃く、クセも強いので、記憶に残ります。

吉良はフツーの街にいるサラリーマン(一般人)の中では相当悪いヤツってぐらいで、接触限定アレイズ付きケアルガヒーラー触れたら終わりのアタッカーストップ持ちモンクグラビデ持ちの時魔導士…ライブラ+スリプル+魅了効果の露伴もトンデモナイ、全員チートすぎてパンピーには荷が重すぎましたね。

とはいえ時間系の能力「バイツァダスト」は一度発動したら勝手に動くあたりレクイエム効果っぽい感じですがそれを操れている吉良は資格ある「器」だったのかもしれませんね。

さて、次は五部。
ここ離脱した人は多いのではなかろうか、面白いので是非読んでもらいたい。

imakara

-独り言
-

Copyright© イマカラ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.