優里「レオ」- Yuuri [ Leo ]

1月10日にYoutubeで公開された優里の新曲「レオ」

中二の頃、兄妹で親に犬を飼いたいとねだり、家族が増えました。
普段からすり寄ってくる可愛いやつで、散歩にいけば全力疾走、ご飯の時は無造作におかずを狙うけどほとんど失敗する腕の悪いハンターでした。

私も大人になり、就職し、実家から離れ、世話は親にしてもらっていました。
両親は遊牧民よろしく転々と生活しているので、実家に帰るみたいな事もなく、自身の人生を日々一生懸命に過ごしていました。

久しぶりに会う彼はヨボヨボで、動きものっそりしていますが、子犬の頃と同じ動き、頭を撫でると骨ばっていて、優しい顔でこちらを見ていたと思います。

棺で目を閉じる彼は眠っているように見えました。

14歳と5ヵ月でした。

両親の優しさは誰よりも知っている、絶対に彼は幸せだった。
私たち兄妹がなかなか会いに行かないものだから、そこは不服だったかもしれない。

少し前の話ですが、聞いていたらワリと鮮明に思い出しました。
優里氏の歌はシーンがイメージ出来るので、連想出来たのかもしれませんね。

あぁ良い歌だ。

ショーケースの中過ごしてた
誰もかれもが過ぎ去っていた
怖かったんだ、あの日君に連れられるまでは
僕と同じの小さな手
転げ回りくすぐり合う僕ら
こんなに君のこと好きになってた
どんな時でも傍に居て
君が言うなら ああ

名前はレオ 名前呼んでよ
君が着けてくれた名前だから
嬉しい時も悲しい時も
傍に居ると決めた大事な人

君が大きくなるほどに
僕との時間は減るが道理
遠くに君の友達同士、仕方がないよなぁ
最近つけるその香水
鼻の利く僕にとっては辛いや
今日も帰りは遅くなるんだろうか

君がいない部屋

夢を見る

あの日のこと また

名前はレオ 名前呼んでよ
君がつけてくれた名前だから
寂しいけれど悲しいけれど
傍に居ると決めた大事な人

君が誰かと暮らすことを
伝えに帰ってきた夜に
撫でてくれたね

きっとお別れだね

最後にさ
会えたから ねぇ 幸せだよ

名前はレオ 名前呼んでよ
君がつけてくれた名前だから

もう泣かないでよ

名前呼んでよ

あの日より大きな手で撫でてくれた

名前はレオ 名前呼んでよ
君がくれた名前でよかったよ

忘れないでよ

それでいいんだよ

新しい誰かにまた名前つけて

コメント